覚えておきたい基本的な建築用語集の鉄骨工事編

2級建築施工管理

今回は、鉄骨工事関して重要な用語の解説です。

2級建築施工管理技士試験の記述問題で出題される可能性がありますので、覚えておきましょう。

仮ボルト

仮ボルトとは、鉄骨建方作業における部材の取付け用ボルトのことを言います。本締めや溶接までの間に生じる外力による架構の変形や倒壊を防ぐことを目的としています。

注意点としては、ボルトー群に対して、1/3以上かつ2本以上を、ウェブとフランジに適切な間隔で締め付ける必要があります。

リーマ

リーマとは、ドリルなどで空けられた穴の径を拡げたり、形状を整えたりする工具のことです。

リーマ掛け

リーマ掛けとは、リーマでボルト孔の修正を行うことをいいます。

リーマ掛けの注意点としては、ボルト孔の食い違いが2mm以下となるようにすることです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました