コンクリートタンピングとは?打設時にひび割れが出ないようにする方法

施工管理

コンクリート タンピングとは?

コンクリートの打設作業の一つに「タンピング」があります。

タンピングとは、コンクリートを打設したあとに、タンパーという道具を使って繰り返しコンクリートの表面を叩いて締固めることをいいます。

なぜ、叩いて締め固めるのか?というと、

コンクリートを打設すると、余分な水分が表面に上がってくるのですが、この水分を放置するとひび割れが生じることがあります。※ 余分な水分が表面に上がってくることをブリーディングと言います。

そうならないように、タンピングでコンクリートの表面を叩くことで不要な水分や空気を取り除き、コンクリートが理想的な状態で硬化できるようにするわけです。

タンピングの方法

コンクリートのタイピングは、タンパーを使って表面を繰り返し叩きます。

タンパーとはこんなやつです。

繰り返し叩くことで、コンクリート内部にある小さな隙間がなくなり、コンクリートの水密性が高まり、ひび割れ(クラッキング)を最小限に抑えることができます。

タンピングは1度ではなく、2度以上行うのが理想的と言われています。

タンピングのタイミングは、

  1. コンクリートを打設したあとすぐ
  2. 30分から1時間経過後

が一般的です。

コンクリートタンピングの留意点

コンクリートタンピングの留意点としては、過度の振動で型枠に影響を与えたり、骨材分離に注意することが挙げられます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました