建築学

建築学

一般構造の項目リスト

一般構造とは建築物を成り立たせる各部分、全体のつくり方、形づくる方法についての基本的な部分を学ぶところです。 建築構造は、基礎、軸組、仕上げに大別され、木材や石・れんがなどの自然材料を用いた建築構造、鋼材やコンクリー トなどの工業生...
建築学

構造力学の部材-2級建築施工管理技士試験の対策

構造力学の中では部材についても学んでいきます。 断面性能、応力度、ひずみなどについて学んでいきましょう。 断面性能について 断面一次モーメントや断面係数などを総称して、断面性能と言います。 断面性能には以下のような...
建築学

構造力学の構造物-2級建築施工管理技士試験の対策

今回は構造力学の構造物ついて学んでいきます。 支点、節点について 覚えておきたい基本知識 支点:構造物を支持する点節点:構造物を構成する部材と部材との接合点 支点の種類 支点には以下のような種類があります。 ...
建築学

構造力学の力-2級建築施工管理技士試験の対策

構造力学で学ぶ「力」にはさまざまな種類があります。 どのような力があるか、また、その力や係数を求めるための式を覚えます。 構造力学の力について ある物体を回転させようとする力は、力のモーメントで表します。 力のモー...
建築学

一般構造の鉄骨構造-2級建築施工管理技士試験の対策

今回は鉄骨構造についての内容です。 鉄骨構造は、その名のとおり、鉄骨で構成される構造のことです。 鉄骨構造はよく鉄筋コンクリート構造と比較されるので、鉄筋コンクリートとの対比でみてみます。 鉄骨構造は、鉄筋コンクリート構...
建築学

一般構造の鉄筋コンクリート構造-2級建築施工管理技士試験の対策

鉄筋コンクリート構造(RC構造)とは 鉄筋コンクリート構造とは、コンクリートを粘りのある鉄筋と一体化することで耐震性を確保した構造のことをいいます。 コンクリートと鉄筋は、線膨張率がほぼ等しく、温度変化に対して一体性を確保でき...
建築学

一般構造の木構造-2級建築施工管理技士試験の対策

建物の基本となる木構造について学んでいきます。 木構造(木造在来軸組工法:もくぞうざいらいじくぐみこうほう)とは、基礎上部の土台の上に柱を立てて組み立てるエ法のことを言います。 床は、梁(はり)の上に大引(おおびき)や根太(ね...
建築学

一般構造の地盤と基礎-2級建築施工管理技士試験の対策

建築学の一般構造では、地盤と基礎についても学びます。 地盤の分類、種類 地盤は次のように分類することができます。 岩盤:岩土丹:シルト・粘土が固結したもの砂盤:砂が固結したもの土 さらに土は 粘土:1から5u...
建築学

一般構造の構造計画-2級建築施工管理技士試験の対策

躯体は、建築非構造部材や建築設備の機能に支障をきたさないように設計しなくてはなりません。 そのために、建物の重心や形状など、さまざまなことを考慮した構造計画を立てることが必要となります。 ここでは構造計画時のポイントを説明しま...
建築学

環境工学-2級建築施工管理技士試験の対策

環境工学とは、気温・湿度・日照等、建築物に影響のある自然に関することを学ぶものです。 環境工学は人々の生活に密接していて、建築学の重要な部分の一つと言えます。 環境工学-2級建築施工管理技士試験の対策 環境と言っても、気...
タイトルとURLをコピーしました