躯体施工

躯体施工

ラス型枠とは?メリット・デメリット留意点について解説

ラス型枠工法とは、型枠工事では一般的な合板や鉄板等の代わりに特殊金網を使用した捨型枠工法のことです。 具体的には、せき板に特殊リブラスという鋼製ネットを使用して、鋼製フレームと締付け金物や横端太材で固定します。 コンクリート打...
2級建築施工管理

ボンドブレーカーの留意点について徹底解説。マスキングテープで代用できるの?

ボンドブレーカーとは、別名「絶縁テープ」とも言い、目地が深くない場合に、シーリング材の3面接着を回避する目的で目地底に張り付けるテープ状の材料の事を言います。 そのボンドブレーカーの施工時の留意点について解説します。 ボンドブ...
2級建築施工管理

型枠の根巻き(コンクリート根巻き)とは?留意点について解説

「型枠の根巻き」とは、2級建築施工管理技術検定試験でも出題されたことがある建築用語です。 柱や壁の型枠の組立において、変形を防ぎ垂直精度を確保するため型枠の根元を金物や桟木などで固定するものを言います。 建築現場では、型枠組立...
タイトルとURLをコピーしました