サイトアイコン 無料の施工管理技士試験講座!テキストと過去問で独学で資格を取る方法

ジェットバーナー仕上げの留意点と用語の意味を徹底解説!

ジェットバーナー仕上げとは、御影石の仕上工法の一つです。

今回はそのジェットバーナー仕上げの留意点と用語の意味を徹底解説します。

ジェットバーナー仕上げとは?

ジェットバーナー仕上げとは、御影石(みかげいし)の機械挽きした石材の表面を、1800~2000℃くらいのバーナーで熱し凹凸をつくる仕上げです。

この工法は石材結晶の熱膨張率が違うのを利用して、表面をはじき飛ばして凹凸をつくるものです。

石の表面に冷却水を散布しながら、加熱用バーナーで表面を焼射し、結晶を弾かせます。

ジェットバーナー仕上げによる効果としては、

が特徴となっています。

ジェットバーナー仕上げの留意点

ジェットバーナー仕上げの留意点としては、

となります。

このあたりに留意して施工するようにしましょう。

建築施工管理技士試験で必要となる用語集はこちらをチェック

モバイルバージョンを終了