施工管理は本当にきつい仕事?現場で働く人たちってどうなの?

info

※この記事にはプロモーションが含まれています。

建設業界は長時間労働や過酷な労働環境など、多くの問題を抱えています。

特に、施工管理者である現場監督は、その厳しい現実に直面している方が多いのではないでしょうか。

厚生労働省の調査によると、建設業界の実労働時間は全業界平均よりも年間360時間以上も多く、土木・建築で外勤をしている方の所定外労働時間は、全職業の平均の3倍近くにもなっています。

このような過酷な労働環境の中で、施工管理者たちは日々業務に取り組んでいます。

また、給料額に関する不満も多く、長時間労働や出勤日数の多さに見合っていないと感じている方が少なくありません。

さらに、同じ仕事内容でも発注者に近い企業のほうが給料額は高いなど、企業間での差が問題となっています。

さらに、外勤の方の4割超が単身赴任していることが明らかになった調査結果もあります。特に、道路工事などを扱う土木の担当者は、5割超の方が単身赴任しているとのことです。

これらの状況から、施工管理者たちは過酷な労働環境に耐え、職務を遂行しているのです。しかし、このような状況が続くことは、心身ともに健康を損なうことに繋がります。

そこで、本記事では、施工管理者の方々が過酷な労働環境にさらされながらも、健康的な働き方をするためにできることについてご紹介します。

過労やストレスによる健康被害を防ぎ、長期的に仕事を続けていくためには、自己管理が必要不可欠です。

本記事で紹介する方法を実践することで、施工管理者の皆様の健康と仕事に対するモチベーションが向上し、より充実した職場環境を実現することができるかもしれません。

施工管理とは何か?

施工管理とは、建物や設備の建設・改修・リニューアルなどの工事現場において、工事計画の策定から現場管理、品質管理、安全管理、進捗管理、コスト管理、調整業務などを行う業務のことです。

具体的には、施工図面の作成や工程表の作成、協力会社の選定や調整、材料や資材の発注や調達、安全対策の立案や実施、工程や進捗の管理、品質のチェックや確認、現場の状況に応じた指示や判断などを行います。

施工管理は、建設プロジェクトの進行や品質、安全、コストなどの面で重要な役割を担っています。

また、工事現場において現場監督や協力会社など多くの関係者とのコミュニケーションを円滑に行い、工事のスケジュールや品質、コストなどを最適化するために必要なスキルや知識を要します。

施工管理がきついと感じる理由

建設業界における施工管理は、多忙なスケジュールや厳しい現場環境、繁忙期には長時間労働が当たり前といった過酷な労働条件が特徴的です。

そのため、多くの施工管理者が業務に慣れるまでに時間がかかり、ストレスや疲労感を抱えることがあります。

また、現場でのコミュニケーションや問題解決能力、細かな作業の確認や文書作成など多岐にわたる業務内容も難易度が高く、プレッシャーを感じることも少なくありません。

ここでは、施工管理がきついと感じる理由について、より詳しく解説します。

施工管理の役割と責任

施工管理者は、工事現場での工程、品質、安全、コスト、環境などを管理する責任があります。

そのため、多岐にわたる業務を一元管理し、常に最適な状態を維持するための努力が必要です。

また、工事中に発生するトラブルや問題に対応する責任もあります。施工管理者は、経験やスキルを活かし、適切な対応を行うことが求められます。

スケジュール調整の難しさ

施工現場では、材料や資材の発注や調達、下請け業者との調整、天候などの外部要因など、多くの要素が影響し、スケジュールの調整が難しいことがあります。

さらに、設計や施工上の問題が発生した場合には、スケジュールに追われながら的確な対応が求められるため、ストレスがたまることもあります。

設計や施工上の問題への対応

施工現場では、設計や施工上の問題が発生することがあります。例えば、現場に合わない部材が届いたり、施工図面に誤りがあったりする場合です。

このような問題に対応するためには、的確な判断力と迅速な対応が必要です。特に、予算やスケジュールなどが影響する問題に対しては、冷静な判断が求められます。

作業員や下請け業者とのコミュニケーションの重要性

施工管理者は、作業員や下請け業者とのコミュニケーションを円滑に行うことが重要です。作業員は、施工管理者から的確な指示を受けることで、効率的な作業ができます。

また、下請け業者との調整も重要であり、コミュニケーション不足がトラブルの原因になることがあります。施工管理者は、コミュニケーション能力を高めることで、現場をスムーズに進めることができます。

残業が多くてきつい

厚生労働省の「毎月勤労統計調査」によると、建設業界で働く人たちは、1年間に全業界平均よりも360時間以上も長い労働時間をしていることが分かります。つまり、他の職業と比べて、1日あたり1時間以上も長い労働時間をしていることになります。

また、日本建設産業職員労働組合協議会(日建協)の調査によると、土木・建築で外勤をしている人たちは、1か月に約60時間もの所定外労働時間があることが分かります。

これは、全職業の平均(月19時間程度)の3倍近くにあたるため、非常に長い時間働いていることになります。

さらに、厚生労働省の「過労死等防止対策白書(2019年版)」によると、施工管理(現場監督)の34%が「時間外労働の長さ」がストレス・悩みだと回答しています。

多くの人が長時間働くことのきつさを自覚しているようです。

休日が少なくてきつい

厚生労働省の「就労条件総合調査」によると、建設業界において「完全週休二日制以上」を実施している企業は約36%。この数字は、全業界平均の53%と比べて約20ポイント低い結果となっています。

さらに、建設業界において「週休1日または週休1日半」という、休日が最も少ないカテゴリに属する企業は12.2%と、全業界平均よりも3ポイントほど高いことが判明しています。

転勤・出張が多くてきつい

日本建設産業職員労働組合協議会が実施したアンケートによると、既婚男性を対象に外勤をしている方の40%以上が単身赴任をしていることが明らかになりました。

特に、道路工事などを担当する土木関係者では、50%以上の方が単身赴任をしていることがわかっています。

給料に見合っていない

国税庁が行った民間給与実態統計調査によると、建設業界の平均年収は509万円で、全業界平均の433万円と比べて、約80万円高い水準となっています。

でも、一方で、長時間労働や出勤日数の多さに見合わないと感じるため、給料額に関する不満も出ています。同じ仕事内容であっても、発注者に近い企業の方が給料が高いため、企業間での差が不満の原因にもなっています。

こういったことが施工管理がきついと言われる理由になっているようです。

ただ、きついきついと言っても何も変わりませんので、どうすればきつさから解放されるのかについても考えていく必要があると思います。

次からはきつさを和らげるための取り組みついて考察していきます。

施工管理をスムーズに行うためのアイデア

施工管理は、建設プロジェクトにおいて非常に重要な役割を担っています。

しかし、その役割の大きさゆえに、業務が複雑化し、ストレスを感じることもあるでしょう。

そこでここでは、施工管理がスムーズに進むためのアイデアをご紹介します。

現場でのコミュニケーションの改善やタスクの優先順位の設定、さらにはツールの活用など、実践的なヒントを幅広く紹介しています。是非、施工管理業務に携わる方々のお役に立てる情報をお届けします。

事前の準備と計画の重要性

施工管理をスムーズに行うためには、事前の準備と計画が不可欠です。

施工前には現場調査や図面確認、工程の検討など、細かい作業が必要です。

また、施工に必要な資材や機材の確保、人員配置なども計画的に行う必要があります。計画を立てることで、スケジュールの進捗やコストの管理をしやすくなります。

事前の準備が整っていると、現場でのトラブルを回避することができ、スムーズな施工が行えます。

チームの意識統一の重要性

施工現場は多くの人たちが関わる現場です。施工管理者だけでなく、作業員や下請け業者とのコミュニケーションも重要です。

そのために、チーム全員が同じ目標を持ち、意識統一をすることが必要です。施工の質やスケジュールを守ること、安全に施工を行うことなど、全員が共通の目的を持って取り組むことが重要です。

意識統一ができれば、現場でのトラブルを減らし、スムーズな施工が行えます。

コミュニケーションツールの活用

現代のビジネスにおいては、コミュニケーションを円滑にするためのツールが数多くあります。施工管理においても、これらのツールを活用することでスムーズなコミュニケーションが可能となります。

例えば、メールやチャットツールを使うことで、作業員や下請け業者とのやりとりをスピーディーに行うことができます。

また、ビデオ会議ツールを使うことで、現場にいながら設計者や監督者と直接コミュニケーションを取ることもできます。

ただし、コミュニケーションツールを選ぶ際には、使いやすさや安全性、セキュリティー面に配慮することが大切です。

また、どのツールを使うかは現場の状況によって異なるため、適切に選定することが必要です。

経験則やノウハウの共有

施工管理においては、過去のプロジェクトでの経験則やノウハウが非常に重要な役割を果たします。これらを共有することで、同じ失敗を繰り返さず、より効率的にプロジェクトを進めることができます。

例えば、過去に似たプロジェクトを行った施工管理者がいる場合には、その人からそのプロジェクトでの経験則やノウハウを聞くことができます。

また、会社内での情報共有や勉強会の実施など、積極的に知識を共有することで、全体の生産性向上につながります。

以上のアイデアを実践することで、施工管理のストレスを軽減し、よりスムーズにプロジェクトを進めることができるでしょう。

施工管理をより楽にするためにできること

施工管理は、建設プロジェクトの成功にとって極めて重要な役割を果たしますが、しばしば困難なものとして知られています。

しかし、適切な戦略を立てれば、よりスムーズに行うことができます。ここでは、施工管理をより楽にするためのアイデアをいくつか紹介します。

プロジェクトを成功に導くために必要なスキルやツールを備え、施工管理をさらに効率的に行うことができるようになるでしょう。

施工管理のアウトソーシング

施工管理の負担を軽減する方法のひとつに、施工管理業務のアウトソーシングがあります。アウトソーシングすることで、経験豊富な専門の施工管理業者に業務を任せることができます。

また、業務の外注化により、労働力の確保やコスト削減にもつながります。ただし、アウトソーシングする業者の選定や契約内容など、適切な手続きが必要です。

施工管理ツールの導入

ANDPADやフォトラクションのような施工管理ツールを導入することで、施工管理の効率化を図ることができます。施工管理ツールには、スケジュール管理や品質管理、出席管理など、様々な機能があります。

これらの機能を使うことで、業務の見える化や作業の進捗状況の確認がしやすくなり、効率的な施工管理が可能になります。

施工管理の自動化

施工管理の一部を自動化することで、作業の負担を軽減できます。例えば、施工管理ツールを使って作業員の出席管理を自動化することで、手作業による作業員の出席確認の手間を省くことができます。

また、工事現場にセンサーやカメラを設置して、現場の状況をリアルタイムで把握することも可能です。

施工管理に必要な資格やスキルの取得方法

施工管理に必要な資格やスキルを身につけることで、施工管理をよりスムーズに行うことができます。

例えば、建設業界で一般的な資格である「施工管理技士」を取得することで、施工管理の専門知識や技術を身につけることができます。

また、コミュニケーション能力やリーダーシップなど、施工管理に必要なスキルを磨くことも大切です。勉強会や研修などを活用して、スキルアップに努めましょう。

施工管理をきついと感じる前に知っておきたいこと

施工管理は、建設現場における重要な役割の一つであり、多くの責任を負うことになります。

しかし、その責任が大きい分、ストレスやプレッシャーを感じることもあります。ここでは、施工管理がきついと感じる前に、事前に知っておくべきことや、施工管理を行う上で役立つアイデアを紹介します。

施工管理の役割や業務内容、具体的な問題点についても触れ、読者の理解を深めます。

また、ストレスやプレッシャーを軽減する方法についても紹介し、より効果的な施工管理を行うためのヒントを提供します。

施工管理の役割や責任を理解する

施工管理には、工事現場における作業の監督や安全管理、品質管理、スケジュール管理、予算管理など多岐にわたる役割があります。

施工管理者はこれらの責任を持ち、工事の成功に向けて最善の努力をしなければなりません。施工管理を担う前に、自分の責任や役割を十分に理解し、周囲のスタッフや関係者とのコミュニケーションを密にしましょう。

ストレスマネジメントの重要性

施工管理は、多忙でストレスの多い仕事の一つです。プロジェクトのスケジュール調整や工程管理、予算の折衝、品質管理など多くの業務を抱えることがあります。

こうした状況に対処するためには、ストレスマネジメントの方法を身につけることが必要です。

例えば、定期的な休息や運動、ストレス発散の趣味の時間を持つなど、自分にあったストレス解消方法を見つけておくことが大切です。

チームワークの意識を高める

施工管理は、一人で完結するものではありません。

チームの協力とコミュニケーションが重要です。他のスタッフとのコミュニケーションや協調性を高め、チームとしての目的達成に向けて一丸となって働くことが必要です。

また、相手の立場や思考を尊重することで、円滑なコミュニケーションができるようになります。

継続的な学習とスキルアップの必要性

施工管理には、建築や設計、法律、コミュニケーションなど、多岐にわたる知識やスキルが必要です。これらを継続的に学び、スキルアップすることが必要です。

最新の技術や法律、マネジメント手法についても学び、自己啓発を続けることで、より高い能力を身につけることができます。また、業界のトレンドやニーズを把握することも重要です。

まとめ

今回の記事では、建設業界における施工管理について、きついと感じる理由やその対策について紹介してきました。

施工管理の仕事は、現場での細かい作業や問題の解決、スケジュール管理など、多岐にわたる責任があり、精神的・身体的なストレスがかかることも少なくありません。

しかし、それに対して取り組む方法もたくさんあります。

例えば、計画性を持って業務に取り組むことや、コミュニケーション能力を磨くことが大切です。

本記事を読むことで、施工管理の仕事に携わる方々には役立つ情報が得られることを願っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました