サイトアイコン 無料の施工管理技士試験講座!テキストと過去問で独学で資格を取る方法

躯体施工時の留意点一覧:1級建築施工管理技士試験対策

1級建築施工管理技士試験で出題された過去問から、躯体工事の留意点を一覧にしました。

1級建築施工管理技士試験の問題4にあたる躯体工事での回答は、検討すべき事項の留意点をそれぞれ2つ具体的に記述させられるパターンが多いです。

また、但し書きとして「それぞれ異なる内容の記述とすること」と「除くもの」が設定されています。

要するに同じものを違う言い方で2つ書いてもダメですし、条件として除かれているものを書いてもダメということです。

この内容を見ると試験対策だけでなく、実際の工事の施工時の留意点の確認になると思います。

場所打ちコンクリート杭地業(アースドリル工法)のコンクリートの打設における施工上の留意

問題文

場所打ちコンクリート杭地業(アースドリル工法)のコンクリートの打設における施工上の留意事項を、2つ具体的に記述しなさい。
ただし、コンクリートの調合に関する記述は除くものとする。

解答例

鉄筋工事の鉄筋の組立てにおける施工上の留意事項

問題文

鉄筋工事の鉄筋の組立てにおける施工上の留意事項を、2つ具体的に記述しなさい。
ただし、鉄筋材料、加工及びガス圧接に関する記述は除くものとする。

解答例

型枠工事において、支保工にパイプサポートを使用する場合の施工上の留意事項

問題文

型枠工事において、支保工にパイプサポートを使用する場合の施工上の留意事項を、2つ具体的に記述しなさい。
ただし、パイプサポートに不良品はないものとする。

解答例

鉄骨工事の建方時における仮ボルトの施工上の留意事項

問題文

鉄骨工事の建方時における仮ボルトの施工上の留意事項を、2つ具体的に記述しなさい。
ただし、材料に不良品はないものとする。

解答例

鉄骨屋根下地に金属製重ね形折板葺きとするときの施工上の留意事項

問題文

鉄骨屋根下地に金属製重ね形折板葺きとするときの施工上の留意事項を2 つ、具体的に記述しなさい。

解答例

外壁コンクリート面に防水形合成樹脂エマルション系複層仕上塗材(防水形複層塗材E)を用いて外装仕上げとするときの施工上の留意事項

問題文

外壁コンクリート面に防水形合成樹脂エマルション系複層仕上塗材(防水形複層塗材E)を用いて外装仕上げとするときの施工上の留意事項を2つ、具体的に記述しなさい。

解答例

山留め支保工において、地盤アンカーを用いる場合の施工上の留意事項

問題文

山留め支保工において、地盤アンカーを用いる場合の施工上の留意事項を2つ、具体的に記述しなさい。
ただし、山留め壁に関する記述は除くものとする。

解答例

鉄筋工事において、鉄筋の組立てを行う場合の施工上の留意事項

問題文

鉄筋工事において、鉄筋の組立てを行う場合の施工上の留意事項を2つ、具体的に記述しなさい。
ただし、鉄筋材料、加工及びガス圧接に関する記述は除くものとする。

解答例

普通コンクリートを用いる工事において、コンクリートを密実に打ち込むための施工上の留意事項

問題文

普通コンクリートを用いる工事において、コンクリートを密実に打ち込むための施工上の留意事項を2つ、具体的に記述しなさい。
ただし、コンクリートの調合及び養生に関する記述は除くものとする。

解答例

鉄骨工事において、建入れ直しを行う場合の施工上の留意事項

問題文

鉄骨工事において、建入れ直しを行う場合の施工上の留意事項を2つ、具体的に記述しなさい。
ただし、アンカーボルト及び仮ボルトに関する記述は除くものとする。

解答例

モバイルバージョンを終了