サイトアイコン 無料の施工管理技士試験講座!テキストと過去問で独学で資格を取る方法

一般構造の構造計画-2級建築施工管理技士試験の対策

躯体は、建築非構造部材や建築設備の機能に支障をきたさないように設計しなくてはなりません。

そのために、建物の重心や形状など、さまざまなことを考慮した構造計画を立てることが必要となります。

ここでは構造計画時のポイントを説明します。

構造計画のポイントとは?

構造計画のポイントして以下のようなものがあります。

上記のような注意点があるので押さえておきましょう。

荷重について

構造計画では、「荷重」も重要な要素です。

荷重には

があります。

一般に、積載荷重の大きさは、

となっています。

また積雪荷重は

として求められます。

そのほかの構造計画に関するもの

そのほか、構造計画に関するものとして、

などがあります。

風圧力の求め方は

となります。

なお、風力係数は建物の形状や風向きによる係数で、外圧係数と内圧係数の差として算出します。

地震層せん断力の求め方は

となります。

地震力の求め方は

となります。

モバイルバージョンを終了