サイトアイコン 無料の施工管理技士試験講座!テキストと過去問で独学で資格を取る方法

電気通信工事施工管理技士は独学で!難易度・合格率・勉強方法を紹介!

電気通信工事施工管理技士とは電気通信の工事に携わる資格です。

現在、インターネットの急速な普及により、電気通信工事が増加していますが、監督できる技術者の数が圧倒的に不足しています。

そのような背景から「電気通信工事施工管理技士」という資格が生まれました。

「電気通信工事施工管理技士」の資格保有者は、工事の監理技術者や主任技術者だけでなく、営業所に配置が必要な専任技術者になることも可能です。

ここでは、電気通信工事施工管理技士の資格取得の難易度勉強方法、また、独学合格することができるのか?について説明しています。

また、電気通信工事施工管理技士試験の過去問を探している方には、過去問紹介コーナーもあります。

電気通信工事施工管理技士の試験内容

電気通信工事施工管理技士の試験には、第一次検定第二次検定があります。

第一次検定では、電気通信工学等、施工管理法、法規について出題されます。

第二次検定では、施工管理法について出題されます。

なお、第一次検定はマークシート式解答、第二次検定は記述式の問題となっています。

1級の第二次検定問題は以下のような構成になっています。

2級の第二次試験問題は以下のような構成になっています。

電気通信工事施工管理技士の受験資格

第一次検定と第二次検定で受験資格が異なります。

それぞれについて説明します。

2級電気通信工事施工管理技術検定の受験資格 第1次検定

第一次検定については、年齢が17歳以上であればその他の条件はありません。

2級電気通信工事施工管理技術検定の受験資格 第2次検定

次のイ、ロのいずれかに該当する者

イ、2級電気通信工事施工管理技術検定・第1次検定の合格者で、次のいずれかに該当する者

学歴 電気通信工事施工に関する実務経験年数
指定学科の卒業者 指定学科以外の卒業者
大学卒業者
専門学校卒業者(「高度専門士」に限る)
卒業後1年以上 卒業後1年6月以上
短期大学
高等専門学校卒業者
専門学校卒業者(「専門士」に限る)
卒業後2年以上 卒業後3年以上
高等学校卒業者
中等教育学校卒業者
専門学校卒業者(「高度専門士「専門士」を除く」)
卒業後3年以上 卒業後4年6月以上
その他の者 8年以上
電気通信事業法(昭和59年法律第86号)による電気通信主任技術者資格者証の交付を受けた者 1年以上

ロ、第1次検定免除者

電気通信工事施工管理技士試験の問題数と合格基準

電気通信工事施工管理技士にも1級2級があります。

それぞれの問題数と合格基準(合格点)をご紹介します。

1級の問題数と合格基準(合格点)

※ここでの合格点はあくまでも目安です。

第一次検定:出題数90問、うち60問を選択して解答。正答率60%(36問正解)で合格

第二次検定:6問とも必答。正答率60%以上で合格

2級の問題数と合格基準(合格点)

第一次検定:出題65問うち40問を選択して解答。正答率60%(24問正解)で合格

第二次検定:5問とも必答。正答率60%以上で合格

電気通信工事施工管理技士の難易度と合格率

電気通信工事施工管理技士試験の難易度は、それほど高くありません。

1級と2級それぞれの合格率を見てみます。

1級電気通信工事施工管理技士の合格率

まずは一級の電気通信工事施工管理技士の合格率です。

1級電気通信工事施工管理技士

区分令和元年(%)令和2年(%)令和3年(%)
一次(学科)43.149.158.6
二次(実地)49.549.330.1

と、令和2年まではだいたい50%弱だったのですが、令和3年から二次検定の合格率がガクッと下がっています。その分、第一次検定の合格率が上がっています。

2級電気通信工事施工管理技士の合格率

続いて2級電気通信工事施工管理技士の合格率です。

区分令和元年(%)
前期試験
令和元年(%)
後期試験
令和2年(%)
前期試験
令和2年(%)
後期試験
令和3年(%)
前期試験
令和3年(%)
後期試験
一次
(学科)
50.557.766.487.470.4
二次
(実地)
57.133.930.1

こちらは令和元年は割と高かったのですが、令和2年以降、第一次検定は簡単、第二次検定は難しいという状況になっていますね。

なお、注意しなければならないのが、電気通信工事施工管理技士の試験は電気通信工事の実務経験者だけが受けているものであるということです。

実務経験者でさえ落ちているので、決してやさしい試験というわけではありません。

でも、試験対策をしておけば実務経験がなくとも十分合格できる内容です。

逆に実務経験があるからと言って、しっかりと試験対策をしていないと不合格になることもあると思っていた方がよいです。

電気通信工事施工管理技士の勉強方法と勉強時間

電気通信工事施工管理技士は令和元年度から始まった試験なので、過去問題があまり充実していません。

そのため、過去問だけで独学合格、というわけにはなかなかいきません。

独学とは言ってもテキスト、問題集を活用しながら、しっかりと試験対策を立てる必要があります。

勉強時間で言えば、1級電気通信工事施工管理技士試験は初学者で300~500時間の勉強が必要と言われています。

また、実地試験では記述式問題が出題されるので、しっかりとその対策もしておかなければなりません。

学科については、市販のテキストで独学、も通用するかもしれませんが、実地試験についてはそう簡単にはいきません。

これは独学だとなかなか厳しいものがあります。

独学では絶対に無理、ということはありませんが、こちらのような記述問題対策も可能な教材を購入するのが一番だと思います。

この通信講座の教材のすごいところは、受講者に合わせたオリジナル記述文を作成代行するサービスがあるところ。

電気通信工事施工管理技士試験一番難しいところは、第二次検定の記述式解答です。

この講座を受講すれば、工事経験の少ない人や文章が苦手な人でも、オリジナルな文章を書くことができます。

電気通信工事施工管理技士の資格は人気があるため、試験前になると教材が売り切れ(要はキャパオーバー)てしまうようなので、早めに申し込んでおくことをおすすめします。

電気通信工事施工管理技士の過去問

令和3年度 2級電気通信工事施工(前期:一次)試験問題(過去問)は以下に掲載しました。

自由に無料でダウンロードできますので、独学での勉強に活用してください。

電気通信工事施工管理技士のおすすめテキスト、参考書

テキストや参考書は、独学試験を受験するのであれば必須ですし、通信講座を受講する人もまずはどのような内容を学習しなければならないのか、また、どのような試験問題が出るのかを知ることから始めることをおすすめしています。

ということで、電気通信工事施工管理技士試験対策の市販のおすすめテキスト、参考書をご紹介します。

ちなみに、参考書や過去問などを購入するとそこそこの値段になります。

そして、あるあるなのが、参考書や過去問は買ったはいいが、それで満足して勉強しないパターン。

そういったことから私は以下の通信講座をおすすめしています。

電気通信工事施工管理技士の通信講座

見てもらうと分かる通り、参考書や過去問を購入するのとたいして変わらない値段で、必要なテキストがそろいますし、一番やっかいな作文の作成代行までついています。

自分で参考書や過去問買ったりして頑張るより、だんぜん合格への近道でしょう。

2021年版 電気通信工事施工管理技士 突破攻略 1級 第1次検定

2021年版 電気通信工事施工管理技士 突破攻略 1級 第1次検定 [ 高橋英樹 ]

電気通信工事施工管理技士1級のテキストです。大事なポイントから優先的に学べる参考書です。学習優先度の構成で幅広い出題分野を効率的に掲載されています。出題分野の厳選演習問題は205問です。

2021年版 電気通信工事施工管理技士 突破攻略 2級 第1次検定

2021年版 電気通信工事施工管理技士 突破攻略 2級 第1次検定 [ 高橋 英樹 ]

電気通信工事施工管理技士2級のテキストです。必須問題から選択問題まで学習優先度にもとづいた効率的な誌面構成で、出題分野の厳選演習問題195問が掲載されています。

1級・2級 電気通信工事施工管理技士 学科・実地 要点整理&過去問解説

建築土木教科書 1級・2級 電気通信工事施工管理技士 学科・実地 要点整理&過去問解説 (EXAMPRESS) [ 石原 鉄郎 ]

出題内容を精査した要点整理と、1年分の過去問題(1級学科・実地、前期2級学科、後期2級学科・実地)と簡潔な解説が掲載されています。実地試験の解答例も掲載されています。

楽しく学ぶ! 電気通信工事施工管理技士 合格大作戦 1級+2級

楽しく学ぶ! 電気通信工事施工管理技士 合格大作戦 1級+2級 [ 不動 弘幸 ]

試験合格に必要な基礎知識と問題をまとめている参考書です。

まず、覚えれば解ける重要事項を掲載し、次に実践的な問題を掲載しています。楽しく学びたい人におすすめのテキストです。

電気通信工事施工管理技士試験の通信講座はあるのか?

電気通信工事施工管理技士試験対策用の通信講座があります。

先にご案内した こちらのような記述問題対策も可能な教材 は受講者本人に合わせたオリジナル記述文を作成してくれますので、実地試験対策にも有効です。


モバイルバージョンを終了