サイトアイコン 無料の施工管理技士試験講座!テキストと過去問で独学で資格を取る方法

一般構造の地盤と基礎-2級建築施工管理技士試験の対策

建築学の一般構造では、地盤と基礎についても学びます。

地盤の分類、種類

地盤は次のように分類することができます。

さらに土は

と分けられます。

地盤の問題点

地盤は

など、さまざまな問題があります。

液状化の対策としては、

などが一般的です。

液状化は砂質地盤に、圧密沈下は粘土質地盤に起こりやすい現象です。

基礎に関するポイント

基礎の機能としては、上部の構造物を安全に支持し、沈下等をさせないことにあります。

基礎には、

に分類されます。

さらに直接基礎は

に大別されます。

直接基礎の底面は、凍上による被害を防ぐため、冬季の地下凍結深度より深くします。

複合フーチング基礎は、複数の柱を1つのフーチング基礎で支える基礎で、隣接する柱間隔が狭い場合などに用いられます。

また、独立フーチング基礎は、柱ごとにフーチング基礎が独立している基礎で、一般には基礎梁で相互に連結します。

杭に関するポイント

杭に関する注意点は以下のようなものです。

多くの注意点がありますが、杭の知識は重要なのでしっかりと覚えます。

以上が、地盤、基礎、杭についての説明です。

モバイルバージョンを終了